fin-match-toulon-mhr-1250x420

対モンペリエ戦引き分け

11月9日、トップ14の9日目、マイヨールにてのトゥーロン対モンペリエ戦は19-19の引き分けとなりました。

 

トゥーロンはこの試合のはじめ快調でしたが、しかし間違いをいくつか犯しました。

 

スワン・レバッジがペナルテイをとられます。

 

7分、インメルマンがこのペナルテイで得点に成功し、0-3となります。

 

はじめの25分は両チームともボールを占められませんでした。

 

ダクワカががんばり、モンペリエはエラーを繰り返します。

 

27分、アンソニー・ベローがペナルテイに成功し、3-3とします。

 

そのあとレバッジがボールをとり、ウエッブがウゴンデブにエラーをおこさせます。

 

31分、アンソニー・ベローがこのペナルテイで得点、6-3となります。

 

モンペリエはアルチュール・ヴァンソンが攻勢に出、33分、ダクワカが前方パスでイエローカードをもらいます。

 

34分、アーロン・クルーデンがペナルテイに成功し、6-6とします。

休憩の少し前、もとトゥーロン選手だったチラシャヴァがイエローカードをもらい、40分、アンソニー・ベローがこのペナルテイに成功し、9-6として前半を終了しました。

 

後半、モンペリエは前半と同じリズムでいこうとしますが、ウゴンデブのトライにさいし、前方へのパスがあったと疑われてビデオ判定がなされました。

 

結果、このトライは認められませんでした。

 

57分、リース・ウエッブが初めてのトライをします。16-6。

 

そのあと、シュルーダーがペナルテイをとられ、60分、クルーデンがこのペナルテイで得点に成功し、16-9と差を縮めます。

 

数分あと、モンペリエは攻勢をつづけ、アルチュール・ヴァンソンが突進、63分、アンソニー・ブティェーがトライします。16-16です。

 

試合終了の10分前、クルーデンがペナルテイに成功し16-19となります。

 

シャルル・オリヴォンによるトゥーロンの攻勢のあと、ヤコーバ・カマラにペナルテイが出、76分、アンソニー・ベローがこのペナルテイに成功して19-19となります。

 

そのあと両チームとも試合を決定する展開をなすことはできませんでした。

 

結局引き分けのこの試合により、トゥーロンはモンペリエよりは優位にとどまります。

 

次の試合は11月22日、マイヨールにてスカーレッツの迎え撃ちとなります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone