romain_tao_decision_lnr

対リヨン戦に敗北

RCトゥーロンは、3月23日、トップ14の20日目、対リヨン戦に42ー33で敗北しました。

 

勝てばこのシーズン2度目の遠征での勝利となるところでした。

 

その最初はリヨン側のジョナサン・ウィスニイウスキーのペナルティでの得点でしたが、

試合の最初トゥーロンは比較的快調に敵陣のなかで動きました。

 

その努力はJPピーターセンのトライでむくわれます。3ー7となります。

 

ルイ・カルボネルとリヨンのジョナサン・ウィスニイウスキーがそれぞれ二つのペナルティに成功します。9ー13。

 

34分、リヨンはフェリックス・ランベーと、もとトゥーロン選手だったルディ・ウルフが連携し、トビー・アルノルドにリヨン初めてのトライに成功させます。16ー13。

 

ルイ・カルボネルがペナルティーで同点にもちこみます。休憩時に16ー16となります。

 

そして、後半、ルイ・カルボネルとフィリポ・ナコシの連携でのトライの試みを邪魔しようとしたトビー・アルノルドにイエローカードが出されます。

 

こうして、ペナルティートライとなりました。16ー23。

 

それからこの後半、トゥーロンの欠点をさらけだしました。

 

リアム・メッサムのイエローカードのあと、カール・ファーンズがリヨンの2度目のトライを成功させ、こうしてリヨンのリードにとってかわりました。24ー23。

 

シャール・オリヴォンとヘンドリック・ルードはイエローカードをもらいしました。

 

 

トゥーロンはボールをとることができません。そして、リヨンのイヴァルデイがトライ、29ー23となります。

 

試合は15人対15人となります。

 

ルイ・カルボネルとジョナサン・ウィスキーがそれぞれ、ペナルティーに成功、32ー26とします。

 

78分、またもリヨンのティボー・ロギャルドががトライに成功します。トゥーロンの勝利の望みを断つように。

 

トゥーロンは最後の意地をみせ、ルイ・カルボネルがトライします。

 

結局のところ、このトップ14の20日目は、42ー33でリヨンの勝利に終わりました。

 

最後の30分、トゥーロンは多くの欠点を暴露しました。

 

次の試合は4月6日、オレンジ・ヴェロドロームにて、トップのスタッド・トゥールーザンに挑みます。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone