deplacement_paris_defaite_1250x420

39ー0にてトゥールーズに敗北

RCトゥーロンは、12月30日、トップ14の13日め、スタッド・アーネスト=ワロンにて、39ー0にてトゥールーズに敗北しました。

 

トゥールーズは第2位にとどまります。

 

RCトゥーロンはこの試合、快調にはじまり、ペナルティーの機会がありました。

 

ところが、アンソニー・ベローは得点に失敗します。

 

そうしてこの前半、ややこしくなりました。トゥーロンはボールを奪うことが少なく、失敗を多く出しました。

 

トゥールーズのトマ・ラモスは10分と16分の、二度のペナルティーキックに成功します。

 

休憩の少しまえ、何人もの敵をふりきった エンタマックの活躍のあと、トゥールーズはトゥーロンから22メートルで躍動し、アントワンヌ・ドゥポンにチャンスをもらったヨアン・ウジェがこの試合はじめてのトライに成功。

 

休憩時、トゥールーズが優勢で、13ー0となりました。

 

トゥーロンはあぶなくなりました。

 

後半、こちらには何のチャンスもありません。多くの失敗をし、10分間でアントワンヌ・ドゥポンそしてトマ・ラモスとふたつのトライをゆるしました。

 

これがトゥールーズにボーナスポイントをもたらします。

 

67分、スクラムハーフのリース・ウェブに危険なタックルゆえにイエローカードが出ます。

 

ペナルティラインアウトでトゥーロンがボールをとりましたが、ファサレールがボールを奪い、トライします。これで34ー0となりました。

 

何分かあと、ダニエル・イペファンがまたイエローカードをもらい、こちらはまったく見せ場なし、人数も13人となりました。

 

トゥールーズはその大リードゆえに自信たっぷり、パスの連続と決定的行動を続け、チェスリン・コルビがまたトライに成功します。

 

こうしてトゥールーズが39ー0で大勝しました。

 

次の試合は1月5日、トップ14、対ラシン92戦となります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone