deplacement_paris_defaite_1250x420

対ラシン92戦に22-13で敗戦

RCトゥーロンは、1月5日、トップ14の14日目、対ラシン92戦に22-13で敗戦いたしました。トゥーロンは第10位にとどまります。

 

ラシンは決勝段階に進出です。

 

パリ・ラ・デファンス・アレナでの対戦、トゥーロンもはじめは調子よくいきました。

 

アンソニー・ベローはシモン・モレッティーにトライを託しますが、ラシンのスクラムハーフのテディ・イリバレンがそれを妨害、失敗します。

 

これは、12分と17分にフランソワ・トゥラン=デュックによるペナルティーによって補われます。トゥーロンは6-0とします。

 

ここからややこしくなります。前半の中盤以降、トゥーロンはラシンの突撃の波を受け、エラーをおこします。

 

ラシンのフィン・ラッセルが22分、ペナルティーキックに成功。

 

何分かあと、リース・ウエッブは22メートルから敵陣方向にボールをおくりましたが、ラインアウトに持ち込めず、ヴァカタワがトゥーロン陣にはいり、テディ・トーマスがタックルの連続にもめげず、トライに成功です。10ー6となりました。

 

休憩のすぐ前に、5メートルのところでラシンのスクラムが組まれ、クラーセンが突進し、それにナカラワが続き、トゥーロンの防御を蹴散らし、二度めのトライに成功しました。

 

ラッセルはしかし、キックに失敗します。

 

トゥーロンはこの前半、はじめはラシンの選手たちを圧倒しました。

 

しかしながら、ラシンはボールの扱いにうまく、二度のトライをなしました。15-6で休憩となります。

 

後半にはいり、30分間も両方ともにあまり動きなく、点がとれませんでした。

 

そして、トゥーロンのしっかりした防御にかかわらず、ラシン側はオリビエ・クレメンクザックによって、三つめのトライに成功します。これがラシンにボーナスポイントをもたらします。22-6となりました。

 

最後の10分間、トゥーロンの優勢がみられました。

 

フランソワ・トゥラン=ドゥックへの危険なタックルによりラシンのベン・タメイフナに

イエローカードが出され、ラインアウトからブライアン・アライニューエージーによる力強いトライがなされました。

 

トゥーロンは9点差に迫ります。

 

トゥーロンはボーナスポイントを得ようとして努力しますが、ラシン92の陣の5メートルでペナルティーをとられます。

 

結局22-13、ラシンの勝利です。彼らには良い年のはじめとなりました。

 

しかし、トゥーロンも決して屈しません。

 

次の試合は、マイヨールにて1月12日、チャンピオンズカップの第5日目、エディンバラの迎え撃ちとなります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone