deplacement_paris_defaite_1250x420

対アジャン戦にアルマンディエにて19ー10で敗北

 

RCトゥーロンは2月16日、トップ14の16日め、対アジャン戦に19ー10で破れました。

 

アジャンはランクでグルノーブルを追い抜き、RCトゥーロンといくらかの点で接近しました。

 

スタッド・フランセ戦の勝利のあと、続けて勝たなければなりませんが、この試合、前半とても困難な状態になり、ボールを奪うことも少なく、そのうえエラーを多く出しました。

 

ピック・アンド・ゴーの一連のあと、アジャンのキャプテンのアントワンヌ・ミッケルがトライに成功します。

 

レオ・ベルドゥーは21分、32分と、2回のペナルティに成功します。

 

ジョシュア・ツイソヴァとファクンド・イザはトゥーロン側の反撃をはじめ、アジャンのエラーにつけこんでゴールの数メートルにおわるすばらしいアクションをみせました。

 

フランソワ・トゥラン=デュックがペナルティにより、トゥーロンの初の点を獲得です。

11ー3となりました。

 

休憩のすぐまえ、ラックに突進してアジャンはボールをとり、フットワークよろしくトゥーロンの守りの後ろにまわりこみました。

 

ベニト・マシレブがトライし、休憩時では16ー3となりました。

 

後半はすこし調子を取り戻しましたが、トゥーロンはアジャンの防衛を破ることができません。

 

55分、レオ・ベルドゥーがペナルテイキックに成功し、19ー3と差をひろげます。

 

最後の15分間、ルイ・カルボネルの頑張りで、トゥーロンはすばやいプレーをみせ、フランソワ・トゥランドゥックがトゥーロン初のトライをなしました。19ー10となります。

 

アジャンはペナルテイを得ましたが、審判のパスカル・ゴゼールは試合終了を告げました。

 

アジャンはこうして19ー10で勝利、根拠地でのつよみをみせました。

 

次の試合は2月23日、マイヨールにてセクシオン・パロワーズの迎撃となります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone