deplacement_paris_defaite_1250x420

RCトゥーロン対モンペリエ戦に18ー21で敗北

RCトゥーロンは3月16日、トップ14の19日目、対モンペリエ戦に18ー21で敗北しました。

 

RCトゥーロンはマイヨ-ルでの三度目の勝利を実現すべきこの試合、はじまりはけっこう順調に敵陣のなかを暴れました。

 

マルセル・ファンデルメルヴァの最初のトライで5ー0とします。

 

そのすぐあと、新たな展開がありました。

 

ジョシュア・ツイソヴァとフィリポ・ナコシが連携します。そしてリース・ウエッブがトライします。

 

フランソワ・トゥラン=デュックのコンバージョンにより、12ー0となります。

 

それからこの前半のおわりにボールを独占するのはモンペリエのほうでした。

 

ヴァンソン・マルタンがモンペリエの初のトライをなし、12ー7となります。

 

それから、フランソワ・トゥラン=デュックはペナルティキックに成功し、15ー7となります。

 

後半は前半の調子ではいかなくなりました。そしてモンペリエがトライに成功しました。

 

15ー14となり、彼らの追い上げがはじまります。

 

数分のあと、フランソワ・トゥラン=デュックの新たなペナルティにより、18ー14となります。

 

長いどたばたと繰り返すエラーのあと、シャール・オリヴォンはイエローカードをもらいます。

 

そのすぐあと、フランソワ・ステインは足をうまく使い、へンリー・インメルマンがピーターセンと争い、ボールはイヴォン・レイヤックにわたり、モンペリエの三度目のトライがなされました。

 

誇り高いトゥーロンの反撃のトライがすぐ、ルイ・カルボネルによってなされましたが、ビデオ判定のうえ、審判のシリル・ラフォンにより、このトライは拒否されました。

 

 

こうして、トップ14の19日目は18ー21で後半に大奮闘した、モンペリエが勝利しました。

 

次の試合は3月23日、対リヨン遠征となります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone