fin_match_toulon_bayonne_1250x420

トップ14、セクシオン・パロワーズに勝利

11月30日、トップ14の10日目、対ポー、 セクシオン・パロワーズ遠征に9-19で勝利しました。

 

チャレンジカップにおける2度の勝利のあと、トップ14の舞台に戻りました。

 

トゥーロンはこの試合のはじめ、エラーを繰り返し、アントワーヌ・ハストイは12分と16分、2度のペナルティに成功し、6-0とします。

 

 

しかしトゥーロンは反撃に出、バプティスト・セリンとルイ・カルボネルが敵を圧迫します。

 

こうしてポー側はエラーを繰り返します。アンソニー・ベローが21分、31分、さらに34分と3度のペナルティでトゥーロンは9点得点します。

 

前半終了の2分前、カルボネルからパスされたベローが突進し、セルジオ・パリセが

38分、新しいユニフォームでの初のトライに成功します。6-16で前半終了となります。

 

後半トゥーロンは雨がふる中でエラーも少なく、元気でしたが、あまり得点につなげることができませんでした。

 

47分のアントワーヌ・ハストイと52分のアンソニー・ベローによるふたつのペナルティのみがこの後半の主たる展開でした。

 

10回の対戦のあと、トゥーロンはトップ14の高ランクに位置をしめました。

 

次は12月7日、マイヨールにてチャレンジカップ、ロンドン・アイリッシュの迎撃となります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone