suspension_ikpefan

38ー11でセクシオン・パロワーズに勝利

RCトゥーロンは2月23日、トップ14の17日目、マイヨールにてセクシオン・パロワーズに対して、38ー11で勝利しました。

 

アジャンに敗北のあと、RCトゥーロンは比較的よい試合の開始を見ました。

 

リース・ウエッヴはこのシーズン初めてのトライをなしました。フランソワ・トゥラン=デュックがコンバージョンに成功し、7ー0となります。

 

そのあとすぐ、ルイ・カルボネル、ジョシュア・ツイソヴァそしてトゥラン=デュックが連携し、見事にファクンド・イザにトライさせました。

 

ファクンド・イザもシーズンはじめてのトライでした。こうして14ー0となります。

 

それからポーは十数分間ボールを独占しました。

 

フォレーがボールをとったあと、コントン・レスピオックがポーのはじめてのトライをなし、14ー5となります。

アントワーヌ・ハストイの50メートルでのペナルティのあとトゥーロンはボールを奪い、ポーの側の巻き返しをおさえ、ジョシュア・ツイソヴァがチーム3回目のトライに成功します。

 

風にもかかわらず、トゥラン=デュックがコンバージョンに成功し、21ー8となります。

 

後半のまえ、双方ともペナルテイに成功し、24ー11となります。

 

赤黒軍団は後半のはじめ、10分間かれらの陣に守りをかためましたが、マムカ・ゴルゴゼが敵陣に突進し、そのあとリース・ウエッブからパスをうけてダニエル・イケファンはボーナスポイントをもたらす4度めのトライに成功します。

試合の最終段階、ラファエル・ラカフィアの奮闘のあと、アンソニー・メリックが ルイ・カルボネルとブルース・デヴォーにささえられ、トライに成功し、スコアは38ー11となりました。

 

こうしてRCトゥーロンはトップ14の10位にとどまり、モンペリエに並びました。

次の試合は3月3日、トップ14の18日目、ペルピニャンに遠征します。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone