messam_1250x420

スダッド・エメ・ジラル、ペルピニャンに11ー24で勝利

RCトゥーロンは、スダッド・エメ・ジラルにて、3月3日、トップ14の18日目、ペルピニャンに11ー24で勝利しました。今シーズン、遠征での初の勝利となります。

 

ポー戦の勝利を続けるべく、今シーズンはじめての遠征での勝利にいどみます。

 

トゥーロンは、この試合、はじめは調子悪く、ボールに触ることなく敵のなすがままになっていました。

 

ペナルティによるエンゾー・セルポニのはじめの得点のあと、

 

ペルピニャンは13分、カール・シャトーから連携したJ.ブスケがトゥーロンの守りの不備を利用しトライします。8ー0となります。

 

20分の困難のあと、35分、トゥーロンはボールを奪い、そのあと、リアム・メッサムがトライします。

 

トゥーロンはこのトライで優位を取り戻し、フランソワ・トゥラン=デュックのコンバージョンで 8ー10となります。

 

トゥーロンはボールを失い、プジョールが動きますが、それもむなしく、カルボネルそしてエトリラードにより反撃されます。

 

こうして38分、ツイソヴァがトゥーロンの2度目のトライを成功させます。休憩時で8ー17となります。

 

ペルピニャンは後半闘志をもってはじめましたが、トゥーロンの固い守りに遮られ、点を入れることができません。

 

51分、エンゾ-・セルポニはそのチームの最後の得点をなし、11ー17とします。

 

トゥーロンはその強い守りと闘志で負けはしません。

 

マラカイ・フェキトアは自陣のなかでボールを奪い、敵陣に向かい、そのデイフェンスにいどみます。

 

リース・ウエッヴそしてゴルゴゼとつづき、66分、ブルース・ドゥヴォ-が最後のデイフェンスを蹴散らしてトライします。

フランソワ・トゥラン=デュックがコンバージョンで2点を追加。11ー24。

 

こうしてトゥーロンは勝利し、トップ14の10位にとどまり、モンペリエに1ポイントの差で近接しました。 RCトゥーロンは、3月16日、トップ14の19日目として、マイヨ-ルにてそのモンペリエと戦います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone