deplacement_paris_defaite_1250x420

トゥーロン、グルノーブルに19-18で惜敗

4月13日、トップ14の22日目、トゥーロンはグルノーブル遠征にて19-18で敗北です。

 

トゥーロンが再び外地での勝利をねらうこの試合、アンソニー・ベローのドロップでトゥーロン側が初の得点をしました。

 

シャール・オリヴォンとマラカイ・フェキトアとの連携でジュリアン・サヴェアがトライです。 こうしてたちまちトゥーロンの10点リードとなります。

 

この調子のよさにかかわらず、トゥーロンは2度続けてペナルテイをとられ、2度ともガエタン・ジェルマンに点をいれられます。 6-10となります。

 

数分あと、ペナルテイによりフランソワ・トゥラン=デュックが得点、少しリードを広げます。 6-13。

 

30分、グルノーブルはボールを占め、トゥーロンの陣地であばれ、ロラギ・ヴィシニアがトライ、13-13となります。

 

休憩のすこしまえ、アンソニー・ベローが敵陣をやぶり、2度目のトライをしましたが、審判はこのトライを無効とします。

 

ユニフォームをつかまれたラファエル・ラカフィアが、暴力をふるったとし、レッドカードを受けます。

 

後半のはじめ、セバスチャン・タオフィフェヌアがペナルテイをうけ、ガエタン・ジェルマンが得点、16-13とします。

 

そのあと長いプレイがつづき、バスタローに連携するダニエル・イぺファンがトライです。16-18となります。

 

試合終了の5分前、ガエタン・ジェルマンがまたペナルテイで得点、19-18となりました。

 

結局19-18でグルノーブルの勝利でこのトップ14の22日目は終わりました。 トゥーロンは奮闘しましたが、規律がなってませんでした。

 

つぎの試合は4月27日、マイヨールにてボルドーの迎撃となります。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone