mouradrecent

ムラド・ブジェラル:「このチームにはポテンシャルがある」

Rcトゥーロンの会長は、対クレルモン戦の49-0での大成功の試合後、記者の質問に応じました。

 

 

ムラド、この勝利、あなたの気持ちはどうですか?

 

「油断できないよ。

 

クレルモンはスニーカーで来た。 彼らは戦争を起こさなかった。

 

うちがもし、世界チャンピオンであると信じたりすると、来週は高順位から落っこちるだろう。

 

こんどは対戦相手がスニーカーでは来ないからな。

 

だから油断できない。そこから遠い。安心していない。

 

私はマンスターに行かない。それは選手たちだ。

 

うって出るのか、それとも後退するかどうか、決定するのは彼らだ。

 

今日みたいな勝利ができるのに、オヨネには負けてたらしょうがない、ちょっとばかげとる。」

 

 

 これは、ややこしい一週間の後のタイムリーな成功ですね?

 

「ああ、知らないけど。

 

とにかく選手たちがこの勝利を、やるべくしてやったんだ。

 

しかし、オヨネでとられたポイントを取り戻せないため、残念だ。

 

トゥーロンと呼ばれるとき、最低でも6位にいるのが当然なんだ。

 

選手たちはこのチームにはポテンシャルがあると理解していてほしい。

 

今シーズンをこのままにするのは残念だ。」

 

 そして今、マンスターですね…

 

「これは我々にとって欧州カップでのさきの決勝以来、おそらく最も重要な試合だ。

 

これは小さな試合ではなく、我々がマンスターで勝利すれば、それはシーズンを変えるだろう。

 

トゥーロンが帰ったと言うこともできるよ!」

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone