D--cla_Apr--s_Match_1950x650

対モンペリエ戦後の会見:

スタッド・ヴェロドロームにてモンペリエに大勝利したあとの会見です。

デイエゴ・ドミンゲス、 マネージャー:
「とてもすばらしい勝利だった。

みんなそれぞれ責任感をもってプレーヤーの精神を発揮できていた。

こっちは攻撃よりも、防衛のほうがよかった。 それは確かだが、3度トライができた。

このシーズンの開始は幸先がよい。

つぎのラロシェルの試合では、だれが最高の強さを見せるかがたのしみだ。」

 

ジェイク・ホワイト、マネージャー、モンペリエ:

「トゥーロンは、こんなにすごい応援団と、でかいスタジアムで試合するのになれてる。

でも、この10年たらずでできたチームだから、楽に勝てようなものだが。
やはり、トゥーロンはいま強い。 うちにはついてない一日だった。」

 
マムカ・ゴルゴゼ、 フランカー/No.8:

「モンペリエ戦はおれにとっていつも特別だ。

あそこはこころのふるさとだ、質の高いラグビーをあそこで覚えたんだ。

おれにできる恩返しは、力一杯やること、それがここへの尊敬をしめすことになる。

このチャンピオンシップの大物に対して、勝ったことはほんとうに気分がいいものだ。」

 

ジミー・ヨボ、 センター:

「シーズンの開始はうまくいってる。 確かに初っ端はいろいろ文句つけられたが、よくみろ、うちは数字の上ではうまくいってる。

このような結果を出し続けていかないとね。 シーズン中調子の悪いときがあっても当然で、ブリーヴ戦の敗北は結局こっちのやる気をおこさせた。」

 
フルジャンス・ウエドラオゴ、フランカー、モンペリエ:

「失敗が多かった。おかげで相手を追い込むことができなかった。

強敵の前にやられた。 あっちはやる気にあふれてるからね、手に負えないよ。」

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone