declas_apres_match_1250x420

オヨネに敗北のあとの会見

トップ1421日目、29-26にてオヨネに敗北の後の記者会見での話です。

 

 

 

ファブリース・ランドロー、フォワードコーチ:

 

「この試合を制圧できなかった。 あまりにも多くの間違いがあった。

 

それは大きな失望だ。

 

決勝段階進出が保証されていないのだから何とかしないといけない。

 

オヨネは私たちの間違いで得をしたよ。」

 

アンソニー・ベロー、フライハーフ:

 

「オヨネは結束し続けていて、最後の10分間にそれは最高潮にのぼった。

 

この敗北は痛い。

 

守備ボーナスをもらったが、それは慰めではない。

 

決勝段階進出を確保したい場合は、ポイントを取らなければならない。

 

このような試合では満足できないよ。」

 

オヨネのマネージャー、アドリアン・ブオノナト:

 

「この選手権で強者の胸をかりて、みずからを磨くんだ。

 

トップ14に留まりたいという私たちの願いは変わらない。 4連勝を目指していた。

 

逆境の時でさえ、チームは揺るがなかった。 私たちはあきらめないよ。

 

しかしその努力もシーズン終了時にトップ14に留まるのでないと意味をなさない。」

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone