D--cla_Apr--s_Match_1950x650

対クレルモン戦後の会見

RCトゥーロンが9月25日、23-21にて勝利したマイヨールにおける対クレルモン戦の後におこなわれた会見です。

ムラド・ブッジェラル会長

「近いうちにはっきりさせたいことがある。

ちょっとうんざりしている。

つらいんだ。

ほんとうにこのクラブにいるのが苦しい。

もちろんクラブのために何かしたかった、でも今は疲れた。

 

売っちまおうか。

でも売り買いの話はなしにしたい。

そうするならもうやってたろう。

 

今年でやめたい。

本当に疲れたんだ。

なぜかって。

お金のリスクを引き受けようとしない人たちがいるからね。

人生はこの仕事だけじゃないんだ。」

 

デイエゴ・ドミンゲス、マネージャー:

「試合前半は実によかったが、後半はそうでない、我々は自分で自分にプレッシャーをかけた。

クレルモンは優秀だ、絶対あきらめないし、いいラグビーをする。

この勝利はクラブにも、ファンにとっても重要な意味がある。

 

でもしくじりの多い後半をかんがえると負けてても不思議でない。

それでもこの勝利をこころで追いかけた。

やさしい試合ではなかった。

選手たちはよく走った、チームはよくがんばった。

後半がよくなかったとしても、総計して、勝利に値したことは確かだ。」

アンソニー・エトリラード、フッカー:

結果についてプレシャーを感じていた。

難しい試合だったから、みんなこの結果にちょっと狂喜した。

でも、とにかく勝ったんだ。

ほんとうにいい気分だ。

前半はリードできた。

あと2度トライができたはずだったが、締めがあまかった。

うきあしだった15分のあと、試合をとりかえす努力をするべきだった。

これからは、トライのうごきにより機敏でなければならない。

 

次のモンペリエは意気があがっている。たのしみだ。」

 

ローラン・デルブルブ、プロップ :

「いろんな感情が通り過ぎた。

 

勝利が何よりの目的だった。われわれの熱意のために違いをみせることができた。

われわれにあきらめはない、とことんやりぬく。

この成功のおかげでこの一週間はちがったものになる。

 

5点いれたとき、勝利を確信できた。

 

 

力をとりもどせた。 われわれはしぶとかった。

われわれは前に出て、相手をうちまかすことができた。

 

みんなにとって、この勝利は幸福だ、たいしてドラマチックな試合でないにしても。

これをさらにもっと続けなければならない。

トゥーロンではいろいろめまぐるしいことが起こるけれども。」

 

フランク・アゼマ、クレルモンマネージャー:

「ボーナスポイントよりましに試合できたろうに。

前半はほんとになさけなかった。

試合の最後の35分間本当に試合した。

ボーナスポイントはよかったが、もっといい結果が出せたはずだ。

 

足でのプレイがうまくできなかった。 最後はボールをほっぽり出てしまった。

でもその前に79分あっただからそれが原因で負けたとはいえないだろう。

なんどもしてやられて、攻撃でも防衛でもリードがとれなかった。」

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone