escande

エリック・エスカンド:「私たちは自らを信頼する」

 

かってモンペリエにいたスクラムハーフ、エリック・エスカンドは、水曜日の午後にマイヨールで記者会見に参加し、マルセイユ、オレンジ・ヴェロドロームでの対モンペリエ戦について話しました。

  

エリック、とうとう準々決勝に参加するかどうか決定する、シーズンの終盤だね。

どのように感じているのかな?

 

「はい、それのような圧力の下では楽でないことは事実だね。

  

しかし、最近の試合ではうちは良かった、勝つ可能性があったが、結局は負けてしまった。

  

勝ってるときのほうが、より良い条件、より少ない圧力で仕事をするので、やりやすいけど、とにかく良くなってるよ。

  

巻き返しへのチャンスがあればいいがね。

  

でも私たちは自らを信じている。あとは詳細をしっかりすることだ。」

 

 この試合はマルセイユで行われるけど、これはどうかな?

 

オレンジ・ヴェロドロームではマイヨールの情熱がないのは事実だね。

 

しかし、これがそんなこといってる場合でない、大事な試合であることもわかってる。」

 

 

このモンペリエチームはどう思う?

 

「印象深いチームだ。

 

モンペリエは直接的で効果的なプレイをするし、彼らの拠点で非常に強い。 実力がある。

 

これは厳しい試合になるだろう。

 

しかし、覚悟はできてる。 もたらされた試練に積極的に応えたいと考えている。」

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone