setiaok

エメリック・セティアノ: 「十分な攻撃精神がないと…

若いトゥーロンのプロップ、エメリック・セティアノは、水曜日、対アジャン戦の試合前の記者会見に応じました。

 

彼はアジャンのトレーニングに警戒し、この試合に全てを注ぐことの重要性を主張しています。

 

エメリック、アジャンに対して土曜日の試合にどのようなことを考えてる?

 

「ここはかなり難しいだろう、こっちはけが人が多くいるし、また、アジャンはちょうどトップ 14 の高位チームと戦ったところだからな。

予想はあまりしてないけど、どうなるかはわかってる。そ の本当のレベルがランキングに反映していないいいチームだからな。

こわくはない、それを阻止する場合、ポイントを蓄えることができる。」

 

 

リヨンでの多くのエラーをどう説明するのかな。それとラ ・ ロシェルでと比較して試合のレベルの違いについてはどうかな。

 

「非常に激しい試合だったので、ラ ・ ロシェルの試合は肉体的にくたくたになった。

 

その次の試合でもそうだったろう。

 

でも、われわれに精神的にはたるみがあったとは感じない、率直に言ってそうとは思わないよ。」

 

 

セカンドローの怪我が多く、次の試合、君は左右のロックとしてプレイすることができるのかな。

 

「呼ばれるなら、そうプレイするよ!

 

もちろん自分のポジションでプレイしたいけど、必要ならどうってことない!

 

このセカンドローの欠場はスクラムでは問題が少ない。プロップは十分に膝が地面に近い低い押しに慣れているからね。

 

しかし、実際のところ、右のプロップがセカンドローをしなければならないと、これがラインアウトでは事は複雑になる。」

 

 

今週とても早くからアジャンは土曜日にプレーするチームを発表した。

そのためのトレーニングがなされる。何か危ないかな?

 

「それは集中し、戦闘で十分な攻撃精神を入れてなかったらそうなる。

 

真剣にならないといけない、あまく見ないことだ。」

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone