attwoodsite

デイヴ・アトウッド:「夢のようだ」

RCトゥーロンにて活躍するイギリスのインターナショナルロック;デイヴ・アトウッドが火曜日の午後、対マンスター戦をまえに、記者会見に応じました。 彼が最近の数週間で行われたすべての進歩について話しました。

 

デイヴ、身体面ではどうかな? ここでの最初の試合の後、調子がわるかったね…

 

「はい、私の肩はここ何週間か苦痛だったが、クレルモンに対しての試合では問題なかった。

 

痛みを感じなかった。 膝も大丈夫だ。

 

ここに着いたとき、よく療養していたので、今はすべて順調だ。」

 

 

 

君はマンスターに対する非常に高いレベルの試合に挑むわけだが、どのようにそれにアプローチするの?

 

「待ち遠しいね! 23マンスターに対して試合したけど、このような重要な試合じゃなかったね。

 

これは、トゥーロン同様に非常に高いレベルのチームだ。

 

トゥーロンは、毎年ヨーロッパの試合をしてるが、ここに入ることを楽しみにしていたんだ。」

 

 

 

特別な冒険をしているね! 君はバースでプレーしていなかったけど、トゥーロンでヨーロッパの準々決勝をすることになった。 どう応じるのかな?

 

「トゥーロンに来る機会をつかみたかった。

 

バースではプレーしていなかった、私のポストでも非常に激しい競争があった。

 

クリスマスに、トゥーロンに来ることを祈った。

 

それが3日間のちに実現した、ほとんど奇妙だけど、それは素晴らしかった。

 

そしてここでチャンピオンズカップの準々決勝を戦う機会を得た。

 

それは夢のようだ!

 

ここで自分の場所を見つけたんだ。多くの偉大な選手がいる、ここに来れたのはうれしいよ。

 

非常に大きなチームだし、ほんとにここでは気分がいい。」

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone