habanaok

ブライアン・ハバナ:「クラブが勝ち続けることを願っている」

ウィング、ブライアン・ハバナは、今シーズンの終わりに、その豊富なラグビーのキャリアを終えることになりました。

 

ラグビーの歴史の中で最も偉大な選手の一人として残るであろう彼は、水曜日の午後マイヨールで、この決定を語るため、記者会見に応じました。

 

ブライアン、今シーズンでキャリアを終えることいつ決めたの?

 

「昨日この決定を発表したけど、この数ヶ月間これを考えていたんだ。

 

まだいくつかの可能性を探していたけど、残念ながら、ゲームをプレイする機会はなかったからね。

 

妻や友人と話し、そして引退を決意した。それには2〜3週間ほどかかったね。」

 

 

君のRCトゥーロンでの思い出はどんなものかな?

 

「ここに到着したとき、私はこの偉大なクラブの成長に貢献したいと言った。

 

最初のシーズンは、世界クラスの選手とともにすごいものだった。

 

それは信じられなかった!ダブルの優勝をやったんだ!

 

トゥーロンへの帰ってきたときのことをよく覚えている。

 

港には7万人の人々が私たちを待っていた、最高だった。

 

私はここで5年間の生活を楽しんだ。 フランス語を学んだし、息子もいま学んでいる。

 

ここではすべてが素晴らしい。 誰もが常に私にとても親切だった。

 

このクラブの発展に貢献できたと思ってる。

 

私がいなくても、このクラブが多くのタイトルを獲得してくれることを願っている。」

 

 

もうリタイアしたあとの人生をイメージしてる?

 

「今はまだ考えてない。

 

ラグビー選手として長年にわたって特別な人生を過ごしてきたが、これは素晴らしいことだった。

 

この人生を後悔していないし今後も後悔しないだろう。

 

自分の運命は自分で決めたいものだが、そうはできなかった。

 

今シーズンで止めるのは大変つらいよ。

 

しかしそれが人生なんだ。」

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone